Best5バイナリーオプション
人気絶大5ブローカーその理由
FXとデイトレ
株式やFXにおいて、頻繁にデイトレということを聞くようになりました。デイトレというのは、デイトレーディングを略したものです。

デイトレーディングは、次のように一般的に定義されています。利益を短期に確定するためには、数回一日のうちに売買を行って、次の日にポジションを持ち越さないような方法が有効です。

つまり、ポジションをその日のうちに決済してしまうことです。デイトレーダーというのは、主としてデイトレーディングを行っている人のことをいいます。デイトレーダーは、ネットで為替や株の売買ができるようになったため急に拡大してきて、現在では多くの個人の投資家がいます。FXにおいては、デイトレーディングを行う場合、FX業者によっては無料の手数料のところもあるそうです。

また、希望する価格で注文したり決済したりすることを繰り返すために、投資家の中にはデイトレーディングの方法を使用する人もいます。例えば、ドル高になっているため、1ドルを111円で購入して、112円まで上昇した場合に売却するとします。ドル高基調の場合には、決済をその日のうちに行うと購入した価格より下降することはないだろう、と思うことができます。

しかしながら、購入してから、1週間経過と日数が経ってくるほど、為替相場は自分が希望する価格から離れていく恐れが大きくなってくるわけです。もちろん、自分が思っている通り、ドル高が継続すれば全く心配はありません。しかしながら、ポジションを長期的に保有していると、思っているものとは反対方向に動いた時にはだんだん損失も大きくなっていくことになります。

一方、デイトレーディングの場合であれば、少ない利益かもしれませんが、利益を確実に得ることができる可能性が大きいということも言えます。しかしながら、初めての人が、もみ合っている日や相場が大きく動いている日に何度も1日に売買を行うと、売買を行うほど損が大きくなっていくということも考えられます。

このような場合は、どのようにすると良いのかと焦りますね。そこで初めての方におすすめしたいのが、初心者用のデイトレというものです。これは、デイトレーディングにおいて、その日に必ず決済するという方法だけを採用するものです。

つまり、決済はその日に行うが、売買は繰り返して行わない、損失がいくらになるとすぐに決済を行う、などと事前に決めておきます。まずは、初めての方はこのような方法をおすすめします。
24オプション
バイナリーオプションとは、初めての方でもすぐに理解できる、やり方ががとても易しい取引です。FXの外貨を使ったものや株式などでは選んだ銘柄などの動きがないときは利益生み出されませんが、バイナリーオプションなら、現在の金額よりも上がるか、下がるかを考えるだけなので、どんなときでも、利益を求めることができます。24Optionは日本語でもできるので心配することはありません。さらに取引の仕方の種類がたくさんあるので現在人気は右肩上がり。外国の会社ですがお金の出し入れがシンプルなので戸惑いなくすることができます。また、長所として、投資収益が非常に良いということができます。ある場合ではペイアウト倍率450%の物もありえます。その上、身近になりつつあるアイフォンで取引が出来るのも特徴です。多様なそれぞれの特典があるので、投資家はが自分に見合ったものを選択することが可能です。日本円支払いの口座とドルの支払いの口座を選ぶことができるので、環境を自分に合わせてやり取りが出来ます。週末だけの取引も不可能ではありませんし、外国のバイナリーオプション会社では初めて日本語でも見ることが可能な動画での説明がが見れることも強みです。
Pepperstone
Pepperstoneは日本国内でも絶大な人気を誇る海外FX業者です。その最たる理由は、業界トップクラスの低スプレッドと最大400倍ものハイレバレッジにあります。レイザーアカウント口座では0.1pipsという最狭スプレッドが設定されており、短期間でも莫大な利益を狙うことが出来ます。また、三井住友銀行の口座があれば国内からの銀行送金も可能であり、パソコンだけでなくスマホにも対応した取引ツールを提供しているという利便性の高さも大きなメリットとして挙げられます。もちろん、クレジットカード入金の際に手数料がかかる、若干出金完了が遅いというデメリットもあります。しかし、それらの欠点を考慮しても十分に利用する価値のある素晴らしいFX業者であることは間違いありません。
XEMarkets
XEMarketsでは、入金時のボーナス加算というサービスがあります。最初に入金した時には、その金額の30%(最高額はUSD10,000)をボーナスとしてもらうことができるのです。しかも、初回だけでなく2回目以降も、入金すれば入金額の30%をもらえます。ボーナスをもらうための複雑な申請もなく、これらは入金に対して自動的に付与がおこなわれます。XEMarketsでは、そのボーナスの管理方法も他業者にはないメリットがあります。他業者ではボーナスは残高に直接加算されてしまうので、引き出し条件をクリアしているかどうかを判別できなくなってしまいますが、XEMarketsでは、ボーナスはクレジットとして管理され、有効証拠金として残高と合算されるので、すぐにボーナスと残高の額をそれぞれ知ることができるようになっているのです。
FxNET
FxNETは、現在業界内で最も注目されているFX業者です。キプロス証券取引委員会(CySEC)から認可を受けていますので信頼性という点でも際立っています。人気の米ドル/円通貨ペアからマイナーな通貨ペアまで、全25種類の取り扱い取引の多彩さに加えて、レバレッジが最大500倍まで設定可能であるという点は特筆すべき特徴の一つでしょう。また、固定スプレッドが提供されていますので、市場の開閉時間を気にせず取引を行なうことができます。FxNETは投資家補償基金の会員になっているため、万が一破綻したような場合にも最大2万ユーロまで保証を受けることができます。投資家個人の資金についても、英国のバークレー銀行をはじめ、世界各国の名だたる銀行に保管されていますので安心です。FxNETは海外発のFX業者ですが、日本語によるサポート体制も整備されていますので安心して取引を行なうことができます。現在、最注目のFX業者、FxNET。今後日本国内でも、人気が急上昇していくことでしょう。
アイフォレックス
アイフォレックスはギリシャに本社を構えているFX業者ですが、日本でも知られているだけにその規模もかなりのものです。規模が大きいということは人員も充分にあるということなので、手続きも素早く処理してくれます。口座開設することで、FXトレードを始めることができるのですが、アイフォレックスの手続きは最短で3日しかかかりません。手続きには電話番号(携帯電話でもOK)・メールアドレス・クレジットカードが必要になります。この3つさえあればすぐに手続きを始められます。口座を持つことができたら、取引ツールでトレードをスタートできます。手続きを待つ少しの時間ももったいないと思うような方におすすめの業者です。そのほかにも、アイフォレックスの口座に初回で10万円を入金すると1万円分のトレーディングチケットがもらえたり、キャッシュバックのサービスなどもあります。


外貨預金とFX
外貨預金とFXとの大きな違いは、レバレッジが使用できるか否かがあげられます。

レバレッジを使用するというのは、一言で言うと、証拠金によって自分の手元にある資金以上の金額のトレードを行うことができることです。

株式投資の場合の信用取引と同じようなものです。しかしながら、レバレッジを使用すると資金は少ない額からでも外貨を購入することが可能ですが、損失が資産に対して大きくなる可能性もあるので、十分に注意する必要があります。