Best5バイナリーオプション
人気絶大5ブローカーその理由
24オプション
為替取引といえばFXが有名ですが、いまバイナリーオプションという新たな取引方法が注目を集めています。バイナリーオプションは、おおまかに言うと相場が上がるか下がるかを予想するだけの取引です。

最短で1分で終了する点や、あらかじめ損失額が決まっているのでリスク管理がしやすいという点、さらに少額でも取引に参加できるという点などが理由となって、いまFXに次ぐ人気の取引となりつつあります。

そんなバイナリーオプションを日本に紹介したのが24オプションです。24オプションはバイナリーオプションだけでなく様々な金融商品を扱う国際的な金融グループを母体にもっています。

世界中でサービスを行っており、あらゆる言語に対応、もちろん日本語もそこに含まれており、メール、チャット、電話とあらゆる方法で24時間日本語サポートを受けることが可能です。24オプションが用意している銘柄は、通貨ペア、株式、株価指数、先物取引と幅広く、ユーザー自身が知識を持っている得意な分野を選んで取引を行うことができます。また、取引タイプは以下の3種類になっています。

「ハイ アンド ロー」 相場の上下を予想するスタンダードな取引。 「ワンタッチ」 終了時間までに指定した価格を相場が一度でも達成すれば、利益が確定する取引。「レンジ」 終了時間までに相場が指定した範囲から出なければ利益が確定する取引。また、取引時間も1分、2分、5分から選ぶことができます。

この中では、1分のオプションが時間のない方やモバイルで取引に参加している方を中心に人気を集めています。投資可能な最少額と限度額はあらかじめ決まっており、24ドルから1万5000ドルとなっています。

これはドル円のレートで多少変動するので注意が必要です。ここで注目したいのが、限度額が決まっているということ。バイナリーオプションはレバレッジがきかず、限度額が決まっており、投資した金額がそのまま最大損失額となります。

よってリスク管理が容易で損失が膨らむ心配もありません。損失リスクが低いということは利益率も低いのではないかと思う方もおられるかもしれませんが、24オプションのペイアウト率は非常に高く、確実に利益を積み上げていける業者として知られています。そのリターン率は最大で185%にもなります。

バイナリーオプションの人気から、日本語化を行った上で日本でもサービスを開始するバイナリーオプション業者が増えてきました。しかし、資金を預ける以上は信頼のおける業者を選ばなければなりません。

そんなときに国際的に実績を持ち、広い信頼を得ている24オプションは、海外業者の扱いにまだ慣れていない初心者の方にもおすすめできる優秀な業者です。

外貨預金とFX
外貨預金とFXとの大きな違いは、レバレッジが使用できるか否かがあげられます。

レバレッジを使用するというのは、一言で言うと、証拠金によって自分の手元にある資金以上の金額のトレードを行うことができることです。

株式投資の場合の信用取引と同じようなものです。しかしながら、レバレッジを使用すると資金は少ない額からでも外貨を購入することが可能ですが、損失が資産に対して大きくなる可能性もあるので、十分に注意する必要があります。