Best5バイナリーオプション
人気絶大5ブローカーその理由
PepperStone
PepperStoneのメリットと言えば、とにかくスプレッドが狭くて安定している事が言えます。若干のコミッションがあるのですが、スプレッド重視で考えた場合「RAZOR」アカウントを活用する事で、さらに狭くなります。

また海外業者であるのですが、日本語サポート完備なのも魅力的です。特にメールサポートは、現地にいる日本人スタッフが対応を行っているとのことです。

海外業者のりようを考えた場合、この点は安心出来るポイントだと言えるのではないでしょうか。また入出金がスムーズな点も見逃せません。入金はクレジットカードの他、三井住友銀行への振込入金も利用可能です。入金方法で言えばBO取引の方もかなり盛んに行われていて、逆指値.com

手数料が海外送金に比べて、かなり安く済ませることが可能となります。また、出金も1日から2日程度と迅速に行われているのも評価されているポイントです。またpepperstoneはシステムなどの見直しを行っているのも見逃せません。

pepperstoneはMetaTraderを主としたプラットホームとしているのですが、8月15日からpepperstoneは新たに「EDGE」(エッジ)と呼ばれる取引システムをリリースしました。

もちろん今まで通り、MetaTrader4がプラットフォームなのは今までと変りませんし、EAも使えます。この「EDGE」の特徴としてスプレッドや通貨ペアの強化が注目点です。

スプレッドでは、元々狭いスプレッドレンジが高評価を受けていたPepperstoneなのですが、「EDGE」では、それをさらに小さくなりました。XEMarketsの入金と競合できるレベルです。

特にレーザー口座の場合、最小では、なんと0.01pipsから利用が可能になっています。また通貨ペアに関してですが、利用できる通貨ペアが一気に52種類に増えました。これでマイナーな通貨を含めて、かなりの部分をカバーできるようになったと言えるでしょう。チャンスを逃さない強化だと言えるでしょう。

また、約定力のさらなる強化や入金フローの見直しもありました。約定力のシステムの強化によりろ、約定能力が高まり、また問題があったとされるスリッページも、最小にに抑えられるように改善がなされました。

入金フローも改善され、クライアントエリアと呼ばれるセキュアな取引口座管理ツールが導入されました。これにより、クレジットカードを使った入金であれば、今まで30分から1時間程度だったものが、即座に口座に反映される仕組みになりました。

この他にも、ワンクリック取引ツールの導入や気配値の表示など、様々なグレードアップがなされています。

外貨預金とFX
外貨預金とFXとの大きな違いは、レバレッジが使用できるか否かがあげられます。

レバレッジを使用するというのは、一言で言うと、証拠金によって自分の手元にある資金以上の金額のトレードを行うことができることです。

株式投資の場合の信用取引と同じようなものです。しかしながら、レバレッジを使用すると資金は少ない額からでも外貨を購入することが可能ですが、損失が資産に対して大きくなる可能性もあるので、十分に注意する必要があります。