Best5バイナリーオプション
人気絶大5ブローカーその理由
バイナリーオプションには定額型と変動型の二種類がある
バイナリーオプションは基本的に「上がる」か「下がる」かを予想するルールですが、より複雑な選択肢が用意されている場合もあります。
シンプルなルールでペイアウト率も常に同じな仕組みを「定額型」と呼びます。逆に選択肢によってペイアウト率が変動する仕組みを「変動型」と呼びます。
定額型と変動型にはそれぞれメリットやデメリットがありますので、今回はそれぞれの特徴について紹介したいと思います。


■定額型の特徴

定額型はルールがとてもシンプルで、バイナリーオプションをまだ始めたばかりの人にオススメできます。
一定時間後のレートが現在よりも上がるのか、下がるのかを予想します。ペイアウト率も業者ごとに少しずつ差がありますが、約2倍となっています。
選択肢は2つしかありませんので、適当に予想したとしても半分ぐらいの確率で当てることができます。もちろん、2回に1回当てても資金を増やすことはできませんので、どれだけそこから勝率を上げられるかになりますが・・・。

定額型はバイナリーオプションの入門にもってこいですが、熟練のトレーダーにも十分に利用することが可能です。
なぜなら選択肢が少ないということは、勝率をかなり高めることができますので、慣れてくれば安定して稼ぎやすくなるからです。


■変動型の特徴

変動型は定額型よりもルールが複雑で予想しづらいですが、それに見合うだけのペイアウト率が用意されています。
バイナリーオプション初心者がいきなり挑戦しても難しいかもしれませんが、十分にバイナリーオプションに慣れてきたら挑戦してもいいかもしれません。

定額型では選択肢が限定的で、もしレートが上がると予想したのであれば上がるに賭けるだけでしたが、変動型の場合にはさらに細かく予想する必要があります。
今よりも0.1円上がるのか、あるいは0.2円上がるのかといった難しい判断を迫られることもあり、予想を的中させるのはなかなか困難です。

定額型がどのようなルールなのかは、バイナリーオプション業者ごとに違いがありますので、利用する前によく業者について調べておく必要があります。
日本国内の業者よりは海外のバイナリーオプション業者の方が様々な仕組みが用意されていることが多いため、バイナリーオプションを最大限に活用するのであれば海外の業者という選択肢もあるかもしれません。

外貨預金とFX
外貨預金とFXとの大きな違いは、レバレッジが使用できるか否かがあげられます。

レバレッジを使用するというのは、一言で言うと、証拠金によって自分の手元にある資金以上の金額のトレードを行うことができることです。

株式投資の場合の信用取引と同じようなものです。しかしながら、レバレッジを使用すると資金は少ない額からでも外貨を購入することが可能ですが、損失が資産に対して大きくなる可能性もあるので、十分に注意する必要があります。